Posted by at

2010年10月26日

決まった♪

11月3日のイベント【きものの和・輪・◎】で着る、和服、決まりました♪

昨日、久留米一番街の「ちえぞう」さんに打ち合わせに行き、当日着る着物と帯、帯揚げ、帯締めを決めました。

着物は、茶道のお稽古をしていた頃に買った「更紗(さらさ)」

その時期に買った着物が何枚もあったのですが、「更紗」には、一度も袖を通していませんでした。

帯は、どれが合うか迷って、何本か持っていったところ、
「ちえぞう」さんが、白っぽい帯を選んでくださいました。

着付けのお稽古で、よく締めていたものです。

秋の催しに、合いそうなコーディネートになりました。

イベント当日、私は進行役ですが、
『着物ファッションショー』では、女子大生をはじめ、ミセス、男性陣と、
20名近くの方々がモデルとなって、着物姿を披露します。

11月3日、会場の石橋文化センターでは、「秋のバラフェア」
石橋美術館では、「秘められた美術展」も開催しています。

ぜひぜひ、遊びにいらしてくださいicon102

**************

【きものの和・輪・◎】

★日 時:11月3日(文化の日)11:00~15:00
★会 場:石橋文化センター内、文化会館小ホール(2階)・庭園
     ★入場無料★

詳しくは、こちらでご案内してます♪


**************
  


Posted by こあら at 23:59Comments(2)仕事

2010年10月22日

【治験ネットワーク福岡】C-IRB設立記念セミナー

本日は「治験ネットワーク福岡 中央治験審査委員会 設立記念セミナー」
司会を担当いたしました。

医学関係の難しい内容ですが、福岡県が力を入れている事業のひとつで、
関わっていらっしゃる方々は、日本の「治験」に関わる素晴らしい先生方ばかり。




「中央治験審査委員会(C-IRB)」は、福岡県内の4大学をはじめとする参画病院の連携組織で、このようなネットワークが発足するのは、日本の医療業界において画期的なことなのだそうです。

パネルディスカッションでは、九州大学病院の中西洋一先生の、いつもながらの素晴らしいコーディネートぶりに、聞き惚れてしまいました。




登壇される先生方ばかりでなく、この事業に携わっているスタッフの皆さんも、素敵な方ばかりです。

入念な打ち合わせや、細やかな配慮のおかげで、気持ちよく仕事をさせていただくことができました。

【治験ネットワーク福岡 中央治験審査委員会 設立記念セミナー】
於:ソラリア西鉄ホテル

主催:NPO 治験ネットーワーク福岡
共催:九州大学病院高度先端医療センター
後援:福岡県、福岡バイオ産業拠点推進会議

無事終了し、ホッといたしました。

関係者の皆様、お世話になりました。
  
タグ :仕事司会


Posted by こあら at 22:47Comments(0)仕事

2010年10月08日

新幹線で降りてもらえる駅に!

「新幹線が全面開通したら、是非、久留米で降りてもらいたい。
久留米の素晴らしさを知って、楽しんでほしいから」

そんな思いから、新たなイベントを企画した女性がいます。

久留米一番街にある、きものと和雑貨のお店「ちえぞう」の店主、長末ちえ子さんです。

そのイベントとは

きもので遊ぼう 楽しもう!【きものの和・輪・◎】です。
★11月3日(祝)11:00~15:00 入場無料★

豊かな自然に恵まれ、文化活動が盛んな久留米の
代表的な場所として、長末さんが選んだのは「石橋文化センター」

その「石橋文化センター」で、日本が世界に誇る「着物」にまつわるお祭りをします。


長末さんの思いに賛同したメンバーが実行委員会を立ち上げ、
ただいまイベントの準備をしている最中です。

私も司会進行役として、お手伝いさせていただきます。

久留米発!着物の「和」から人の「輪」をひろげる、という趣旨で開催。
たくさんの方に楽しんでいただけるよう、入場は無料です。

**************
イベント内容

・着物のファッションショー ・きものでダンス 

・“陽転思考ワクワク先生”高倉太郎さんのトークショー

・久留米の落語家、福々亭金太郎さんの落語

・モダンバレエと三味線の演奏 ・男性群舞

・子ども達の合唱、演奏 ・大人のピアノ演奏など

**************
出店★  

・梅月堂(お菓子) ・原口勇紀(仏絵師) ・四角いパン屋さん

・little E(着物と小物) ・街角カフェ美郷(お弁当)

・手作り工房ふみこ(星野村の惣菜) ・ちくご松山櫨復活委員会(和ろうそく)

・森口慶一(笑顔絵アート) ・桃崎里美(パステルアート)

・西原糸店(久留米絣と駄菓子) ・ちえぞう(着物レンタル)

・ウィングフィット(足の悩み相談) ・アトリエ内野(昔裂の布細工)

・ハイカラ写真堂(写真撮影) ・津留織布(久留米絣織布工場)

・風椿(アンティーク着物) ・石橋園望(ネイル・耳つぼダイエット)

**************

ぜひぜひ、遊びにいらしてください。

【きものの和・輪・◎】

★日 時:11月3日(文化の日)11:00~15:00
★会 場:石橋文化センター内、文化会館小ホール(2階)・庭園
     ★入場無料★

**************

当日、石橋文化センターでは、「秋のバラフェア」
石橋美術館では、「秘められた美術展」も開催しています。

お問い合わせは ちえぞうTEL:0942-36-6508まで♪  


Posted by こあら at 00:43Comments(2)仕事

2010年09月30日

大橋幼稚園に伺いました!

昨日は、SORA-IROさん(親子のコミュニケーション応援マガジン)とのお仕事で、福岡市の大橋幼稚園に伺いました。

これは定期的に開催している出張イベントで、某保険会社のキャラクター、けんけんくん、みんみんちゃんと一緒に県内の幼稚園、保育園にお邪魔して、園児たちと遊ぶもの。



昨日は約60名の園児達と、楽しいひとときを過ごしました。

大橋幼稚園の園長さん、ご年輩でベテランの男性だったのですが、
着けていらしたネクタイが「ドラえもん」の図柄icon65

そこで「ドラえもん」にちなんだ手遊びを導入に取り入れましたicon102

icon58とんとんとんとん ひげじいさんicon64」の手遊びをアレンジ。

「ひげじいさんicon64」の部分を、

ドラえもん icon51 のびたくん icon51 しずかちゃん icon51  スネオくん icon51 ジャイアン

という具合に。

ほかにも、クイズ大会をしたり、園児の歌を披露してもらったり・・・

最後はみんなで記念撮影をして
園児たちが、けんけんくん、みんみんちゃんと握手をして、お別れです。


いつも、あっという間のひとときicon12
子ども達が目を輝かせている姿、大好きですicon102  


Posted by こあら at 11:09Comments(2)仕事

2010年09月29日

祝★小郡市文化協会創立40周年

9月25日【小郡市文化協会創立40周年記念式典と祝賀会】の司会をさせていただきました。

4年前、小郡市に越してきて、市のSOHO講座を受けたことがきっかけとなり、今の仕事をしている私。

いろんな方にアドバイスをいただいたり、助けていただいたりして、ここまでやってこれたことに、心から感謝しています。

40周年記念式典のお仕事は、私を育ててくださった
(と、勝手に思っていますicon10
小郡市のみなさんに感謝の気持ちを込めて、務めさせていただきました。

いろんな土地に文化があり、
そこに暮らす人達の趣味や活動が結集して、
文化活動が行われる・・・

小郡市は人口約6万人の土地ではありますが、
日本舞踊や詩吟、太鼓などをはじめとする伝統芸能のサークルが
驚くほどたくさんあり、みなさんハツラツと活動を楽しんでいらっしゃいます。

「不況のときこそ、文化活動で地域を明るくしよう」
特別講演では、元西日本新聞出版部長の吉里哲夫さんのお話もありました。


これからも、明るく元気なまちでありますように!
子どもからお年寄りまで、暮らしやすいまちでありますように♪  


Posted by こあら at 01:24Comments(2)仕事

2010年09月25日

バイオ産業拠点推進会議にて

昨日は【福岡県バイオ産業拠点推進会議総会】(主催:福岡県バイオ産業拠点推進会議事務局)の司会をさせていただきました。

これは、毎回担当させていただいている仕事のひとつです。

昨年、会長の杉岡洋一先生が亡くなられ、新会長に、味の素(株)の副社長でいらっしゃる戸坂修さんが就任なさいました。

今回は、特別講演として、戸坂修さんのお話を伺うことができました。

お聴きしていて、何度も涙がこみあげるほど感動したので、ご紹介させていただきます。

***************


戸坂さんは2001年に、味の素の取締役九州工場長にご就任、
その時のミッションは「九州工場をスムーズに閉鎖させること」だった。

しかし、従業員や地域社会のことを考え
『閉める苦労をするなら、存続のためにどんな苦労もできる』
と思い、戦略を立てたうえで、社長や経営陣に存続の直談判をした。

決定していた九州工場閉鎖を白紙に戻すことは容易ではなかったが、
社長の『これが改革だ!世界104工場のモデルになれ!』の一言で存続が決定。

社員には自分の想いを伝えた。
『自分たちは崖っぷちにいる。自分の職場は自ら守る、自分の仕事は自らつかみ取る!』と。

そしてプロジェクトを立ち上げた。

戸坂さんの考えは
『人を真ん中にすえること。「ひと」がいれば何でも出来る
「希望」があれば、苦労もできる』


『目標を高く持ち、「やれば出来る」という自信を芽生えさせる。
“やらされ感”のあるうちは、できない理由や延ばす理由ばかり考えてしまう。』


『リーダーは徹底して我慢すること』


***************


社員は戸坂さんの想いにこたえるべく、一生懸命努力をしたそうです。

戸坂さんは、明確なビジョンと高い目標を持ち、不退転のリーダーシップで
約3年間で、コストを1/2にし、収益を3倍にして、見事、再建を果たされました。

その3年の間、定年で退職を迎えた方はいたそうですが、
“解雇”された社員は一人もいなかったとのこと。


『高い目標を持つことは、期待が大きいということ

 期待の大きさは、成長への想いの強さ』
と語る戸坂さん。

再建の過程で『抵抗勢力は自分自身だった』ともおっしゃっていました。

社長への約束を見事果たした戸坂さんは、
『やってよかった。人も育った。
 ちゃんとやれば、どんなことでもなんとかなるものです』


原点は、モノづくりはヒトづくり。

 トコトン継続すること。

 自然体で「日々改善」「日々実践」』
という言葉で講演を締めくくられました。


戸坂さんは、久留米市のご出身で、現在63歳。

私の文章でうまく伝わったか、自信がありませんが、
こんな素晴らしいリーダーがいらっしゃるのだと感銘を受けました。

講演後、戸坂さんに走り寄り、ブログ掲載の承諾をいただき、
写真まで撮らせていただきました。


現在不況に苦しむ、多くの企業のみなさんに聞いていただきたい内容でした。  
タグ :仕事


Posted by こあら at 02:25Comments(4)仕事

2010年08月23日

バラにサイエンス☆


「こんなにたくさんのバラの花束をプレゼントされてみたいicon97
女性なら、誰しもそう思いますよね。


ところが、ここは「サイエンス実験ショー」の会場。
鳥栖の「産業総合研究所 九州センター」の「一般公開」の実験教室なのでした。


毎年、親子に、大人気の実験ショーに、今年はMCとして参加させていただきました。

・・・で!さきほどのバラを一体どうしたのかicon60というと・・・

マイナス200度の【液体窒素】の中へicon74

バラの花から、ブクブクとあぶくが立ち・・・

アッという間に、凍ってしまいましたicon04

最後は、一気に手でグシャリicon59

バラはバラバラになってしまいましたとさicon10

この不思議な現象に、子どもも大人も釘付けicon53
実際に、子ども達には、ひとりずつ体験してもらいましたが、
「液体窒素に入れたとき、揚げ物をしてるみたいだった」「バラに触ったら、冷たくなっててビックリした!」
と、興奮しながら話していました。

あんなにたくさんあったバラの花は、3回の実験ショーですべてバラバラ。

今まで私もテレビでしか見たことはありませんでしたが、この手でグシャッとやっちゃいましたface07

「葉っぱは平気なのに、なんで花びらだけ凍るんだろう?」
「カチカチになっても、なんで花びらの色はそのまんまなの?」

そんな疑問を持ちかえった子ども達、今頃、科学者の目をしているかもしれません。  


Posted by こあら at 00:45Comments(3)仕事

2010年08月17日

北野町にて司会

昨夜は、久留米市北野町の「きたのふれあい総踊り大会」
(主催:きたのふれあい総踊り大会実行委員会)の
司会をさせていただきました。

お祭りの最中は写真を撮れなかったので、
お祭り前の1ショットをアップします。

浴衣の着付けは、友人のトントンままさんにお願いしましたicon48

実は、先日、久留米絣の単衣(ひとえ)を手に入れ、
北野のお祭りの司会では、それを着ようと思っていました。

ところが、事前の打ち合わせで、今画像に映っている浴衣と、久留米絣の2着を持って行ったところ、

事務局の男性いわく、
「個人的な考えかもしれませんが、久留米絣は“作業着”というイメージが強いんですよね。」とのこと。

「なるほど~」
と、いうわけで、この浴衣を着ることになったのです。

先日、久留米絣のファッションショーで、絣の素晴らしさを肌で感じた私でしたが、
こうして、地元の方のお考えを聞き、あらためて思うところがありました。

とはいえ、事務局のみなさんは、お揃いの久留米絣の赤いハッピを身にまとい、
ハツラツと動いていらっしゃいました。素敵でした
icon99

北野町のみなさん、どうもお世話になりましたicon102

~~~~~~~~~~~~~~

先日、鹿児島に帰省した際、聞いたエピソードをひとつ!

観光地、指宿市の職員は、夏にアロハシャツを着ている、というのは有名ですね。

実は、指宿市の小学校の校長や教頭も、会合の際、全員アロハシャツを着用するそうです。
でも、お揃いというわけではなく、みなさん、マイアロハを持っているそうです。

指宿市の小学校で教頭を務める知人に聞いてみました。

  「アロハは、やっぱり指宿で買うんですか?」

知人「いや、通販でハワイから取り寄せたんだけど・・・やっぱり通販はイメージと違った!」

 私 「でも、指宿で買ったら、同じのを着てる先生とバッタリ会うでしょう?」

知人「そうなんだよね。先生方も、アロハで個性出すぞ~って、思ってるしね(笑)」
  
icon149   icon125   icon149   icon125   icon149   icon125   icon149   icon125   icon149   icon125   icon149   icon125

北野町の職員の方々にしても、指宿市の取り組みにしても

地元の特産品や、イメージを大切にして、地元の人間自らがPRに努める!

これは、とっても素晴らしいことですよね。

【追記】
ご好意で、お祭りの写真を送っていただきました♪
※きたのふれあい総踊り大会事務局様、そしてkyon2さん、どうもありがとうございました。
 


  


Posted by こあら at 15:17Comments(5)仕事

2010年06月27日

書き方上手は つきあい上手!

先日、このブログでもご案内した、小郡市のライティング講座が終了いたしました。
講師は、私、おしゃべりライターこあらです。

今回は“お礼状やおわび状の書き方”というテーマをいただき、
担当の方と打ち合わせて『書き方上手は つきあい上手!』という講座名をつけました。











定員を上回る応募があったそうで、身も引き締まる思いで進行させていただきました。

icon99お礼状を書くときの心構え
icon99大きな一歩につながる小さなコト
icon99気持ちを伝えるための表現の工夫
icon99読みやすい文章を書くコツ

など、前半は話をし、後半はワークとして、参加者のみなさんに、実際にお礼状を書いていただきました。

今回、私が訴えたのは
心の中にある『ことばのクローゼット』を開けましょう♪ ということ。

相手に気持ちを伝えるために、ふさわしい言葉を、
自分の『クローゼット』から引き出し、文章にして伝えましょう♪ ということです。

ワークの最後には、参加者同士でお礼状を交換し、
それぞれの『ことばのクローゼット』をのぞいていただきました。

参加者は30代~70代と伺っていましたが、
みなさん、情景が目に浮かぶような、素晴らしいお礼状を書いていらっしゃいました。

~~~~~~~~~~~~~~~

「ことば」を柱に仕事をしている私ですが、最近、日に日に「ことば」の大切さを実感しています。

日本語には、古来、日本人が大切にしてきた「情緒」や「奥ゆかしさ」
そして、日本人が積み上げてきた「知恵」などが詰まっています。

今回、講座の準備にあたり、ますます「ことば」に対する、私自身の思いが強まりました。

企画・運営に携わられた関係者の皆様、そして講座に参加してくださった皆様、
どうもありがとうございましたicon102  


Posted by こあら at 15:20Comments(6)仕事

2010年06月12日

6月のサンタクロース!?

昨日は、県民共済主催のイベントで、幼稚園や保育園、託児所へ。
毎回、私も楽しみにしている、子育て情報紙『SORA-IRO』さんとのお仕事で、
私はイベントの進行を担当しています。











どこに行っても、大人気の、県民共済のキャラクター、ケンケンくん&ミンミンちゃん。
「かわいい~」「わぁーい」と喜ぶ子ども達が、ほとんどですが、
なかには、ちょっぴりコワがって、泣きだす子も・・・icon10


それでも、握手タイムの頃には、みんなケンケン&ミンミンの所に集まってくれます。











そして、時々言われる、ドキッとする言葉・・・
「中には、ヒトが入ってるっちゃろ!?」

昨日も、年長組の男の子達に言われましたicon11

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

イベントが終わって、、ケンケン&ミンミンが、着ぐるみを脱ぎ、
その頭と胴体を、大きな袋にしまった頃・・・


控室に、やって来ました!!
「中には、ヒトが入ってるっちゃろ!?」の、男の子達。



「あのね~。握手したとき、おてての中に、骨があったとよ!
 あれは、人間の骨と思う!!」





ドギマギする私達。
    ・
    ・
    ・
    ・
隠すに隠せない、大きな袋。 
 (頭と胴体を分けて、4つの袋に入れてます!)
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
さっきまで、子供たちの前には いなかった二人のスタッフ
(ケンケン&ミンミンの中に入っていた二人です)
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
(ば、ばれた・・・・icon11

    ・
    ・
    ・
    ・
    ・ 
しかし、男の子達は、すべてをグル~ッと見回して言ったのです。






「あicon97ケンケン、ミンミン、もう、帰ったんだ。 早いね~」


「ほんとだーicon65



まるで、サンタクロースを思うような子供たちの純粋な気持ち。
目の前の人間を疑うことも知らず・・・
ケンケン&ミンミンは、あのまんまの姿でどこかへ帰ったと信じたのでしょう。


「子どもって可愛いicon102
全ての疲れが吹き飛ぶ瞬間です!  
タグ :子育て司会


Posted by こあら at 00:33Comments(7)仕事

2010年06月02日

SOHO講座~筑後市にて~

本日は、筑後市のSOHO講座
パネリストとして参加しました。

コーディネーターは、SOHO筑後川代表で
FCMデザインの深川智恵美さん。

深川さんの質問に答える形で、
SOHOスタイルで仕事を始めたきっかけや、
現在の仕事内容、どうやって仕事を継続させているのか、
今後の目標などをお話させていただきました。

このような講座で、自分の仕事について、
話をするのは3回目ですが、
講座にむけて準備をする中で、あらためて、
自分の仕事について整理することができました。

現在、私は自宅を拠点に仕事をしていますが、
家庭と仕事のバランス、
いわゆるワークライフバランスが、
今、ちょうどいい具合にとれている気がします。


現在、小学校3年生の双子が、今後成長するにつれ、そのバランスも変わっていくと思います。
でも、それを柔軟に調整できるのが、SOHOという働き方ではないかと思うのです。

スキルをアップするための努力や、ネットワーク作りは、
将来、どんな働き方をするにしても、きっと「強み」となってくれることでしょう。

講座終了後、受講された多くの方々が、パネリスト3人の名刺をもらいに来てくださいました。
今日の私達の話が、受講者のみなさんの「はじめの一歩」の手助けになれたら、嬉しく思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~
一緒にパネリストを務めたお二人

デザイナー&カメラマン SO WHATさん
ネットショップ「家具インテリア Doors」のオーナー 頑固職人の嫁さん
  


Posted by こあら at 23:17Comments(6)仕事

2010年05月28日

信頼に応えるために

今日は、この後、アクロス福岡で開催される
あるセミナーの司会に出かけます。

今日の私の役割は、学術的な会合を
スムーズに進行させることに尽きます。

SOHOとして、仕事をはじめて3年。

会社や事務所に所属しているわけでもなく、特に営業活動をしているわけでもない私に、

このように、仕事を依頼してくださるのは、本当にありがたいことだと思っています。

そこにあるのは「信頼」の二文字しかないと・・・

その信頼に応えるために、今日も自分の役割を、しっかり果たしてこようと思います。

:・。:・。:・。:・。:・。:・。:・。:・。

本日の、携帯メルマガ【ことばCafe☆】は、『人前で話す(1)』というテーマで、お届けしました。
「人前で話すのは、苦手で・・・」と、おっしゃる方、どうぞ、こちらをのぞいてみてくださいね。

ご興味がお有りの方は、どうぞ、ご登録ください。もちろん、無料ですicon102 
【ことばCafe☆】の前号までのバックナンバーは、こちらに掲載しています。  


Posted by こあら at 14:13Comments(4)仕事

2010年04月25日

絣ファッションショー

昨日“かすりの小径まつり~絣ファッションショー~”が無事終了しました。

アップした写真は、2回のショーが終わってから撮ったものです。
みなさん、リラックスした表情です♪

伝統的な着物あり!カジュアルな装いあり!

本番中に写真を撮れなかったのが、残念ですが、
一般公募で選ばれたモデルのみなさん、
それぞれ、個性的なパフォーマンスをみせてくださいました。































































素敵な会場を提供してくださった久留米市寺町の千栄禅寺様
お越しくださった大勢のお客様、どうもありがとうございました。

このファッションショーに進行役として、携わらせていただき、
私も絣を身につけて、その素晴らしさを肌で感じました!

スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした♪  
タグ :久留米司会


Posted by こあら at 23:59Comments(5)仕事

2010年04月11日

プロに任せる

少し前から、司会の本番の日には、
髪のセットを美容師さんにお願いしています。

以前は、自分でやっていましたが、
やはり、プロにお任せすると、仕上がりが違う・・・

「今日は女性のお客様が多いので、やわらかい感じで」とか

「今日は式典なので、カチッとお願いします」とか

私は、イメージを伝えるだけ。
もし、イメージ通りでなかったら、手を加えていただけば済むのです。

「私は主役ではないので、目立ちすぎないように」
なんて、微妙な注文にも応えてくださいます。

仕上がるまでの間に、もう一度台本に目を通すことも、
気持ちにゆとりを取り戻すこともできます。

思い通りに仕上がった、そして、少し変身した自分を嬉しく感じながら
仕事に取り組むことができるのです。

もちろん料金はかかりますが、プロのお仕事には納得がいきます!

さて、先日、司会をさせていただいた式典は、知事や久留米市長がご出席なさいました。

式典の当日、主催者の方に

「今回は、社内の者に司会をさせようかとも思ったけれど、やはりプロにお願いしようとういうことになってね。」

そう言われました。



身も引き締まる思いです。

プロとして信頼され、仕事を任される。
それは、光栄なことである一方、大きな責任を負うことですね。

依頼してくださった方の期待に応えられるよう、いえ、それ以上にご満足いただける仕事をしたい。
毎回、そう思います。


あの人に任せれば大丈夫。
そう思われる仕事人になりたいと思っています。


無事、式典の司会を終え、家に帰った私は、美容院に電話を入れました。

「今日はとても素敵に仕上げていただいて、ありがとうございました。
 おかげで、とてもいい気分で、仕事ができました。」と。

「ありがとうございます!次回も気合いを入れてセットさせていただきます。」

そう答える美容師さんの声に、私の気持ちが重なりました。  
タグ :仕事司会


Posted by こあら at 02:54Comments(5)仕事

2010年04月05日

ウォーキング・レッスン♪

ただ立っているだけで、魅力が感じられる。

歩く姿が素敵で、つい見入ってしまう。

男性でも女性でも、そんな存在感をお持ちの方には、憧れてしまいますね。

昨日、幸運にも、ウォーキングレッスンを受ける機会に恵まれました。

講師は、イメージアップアドバイザーで、
スタイリッシュスクール代表中原三枝先生。

中原さんは、ミス・ワールド代表として、世界大会にもご出場された女性。

立っておられるだけで、体中からオーラがあふれていらっしゃいました。



「顔を上げて!」

「歩幅をもっと大きく!」

「お客さんの視線は、手にもいきますよ~」


ん~ 確かに、顔を上げるだけで、歩く姿勢がよくなりますねーicon100

実は、このレッスン、4月24日(土)に開催される、
『かすりファッションショー』の出演者のために行なわれたもの。

当日、私は司会を担当するため、一緒に参加したのです。

icon74画像は、一般公募の中から選ばれたモデルさん達。

それぞれが選んだ久留米絣の洋服を、
着用していらっしゃいます。

「えっ?こんな絣があるの~?」
驚きの声があがるほど、
カジュアルなものや、スタイリッシュなものと、
絣の洋服は、デザインもバラエティ豊か!

アップでご覧いただけないのが残念ですが、どうぞ、当日、会場にてご覧ください♪

*********************************************

2010 かすりの小径まつり 『かすりファッションショー』
日 時:4月24日(土) ◆1回目11:30~ ◆2回目14:00~
場 所:久留米市寺町21 千栄禅寺 


*********************************************

私も、当日は、久留米絣を着て、司会をいたしますicon102

寺町通りには、たくさんのお寺が立ち並んでいます。

久留米絣の創始者である井上伝(でん)さんや、
ブリジストンの創業者である石橋正二郎氏など、著名人の菩提寺もあります。


みなさま、寺社巡りも兼ねて、ぜひファッションショーにいらしてくださいicon65  


Posted by こあら at 15:56Comments(5)仕事

2010年01月16日

子キャン写真展のお知らせです♪

私もスタッフとして関わっております、
ちくご子どもキャンパス(主催:筑後田園都市推進評議会)の写真展が、
岩田屋久留米店で開催されますicon59

「カッコいい写真家体験」の模様は、こちらのブログに綴ってきました。
写真展は、11月から頑張ってきた子ども達の活動の集大成です。

大人も顔負け!子ども達の撮った素晴らしい写真の数々を見に、
どうぞ足をお運びください。

1月23日(土)12:00~のセレモニーでは、私が司会を務めます。
23日(土)24日(日)にご来場のお子さん達には、全員プレゼントがありますよicon27

岩田屋久留米店の会場で、お待ちしていますicon102
お時間のある方は、是非icon67


  


Posted by こあら at 00:30Comments(3)仕事

2009年12月27日

産学官連携事業の行方

先日、2010年度の政府予算案が決定しました。

新政府の事業仕分けで“廃止”が懸念されていた事業のひとつに
「産学官連携科学技術振興事業」がありました。

久留米地域には「福岡バイオバレープロジェクト」という産学官連携事業があり、
プロジェクト発足以来、私は毎回、セミナーの司会を担当させていただいています。











上の画像は12月4日に開催された「久留米高度先端医療開発クラスターを目指して」という
セミナーの模様です。

「がんワクチン療法」を核としたこのプロジェクトは、文部科学省の委託事業であり、
この時は、ちょうど国の事業仕分けで“廃止”が検討されていた頃・・・

セミナーには、文部科学省の科学技術・学術総括官もお見えでしたので、
麻生知事も、この事業の必要性を一生懸命訴えておられました。

印象的だったのは、事業を統括している久留米大学の伊東恭悟教授のお言葉。
「久留米市は20世紀に、ブリヂストンがタイヤを世界に送り出した。
 21世紀は、がんワクチンを世界に提供したい」


その思いが通じてか、なんとか2010年度の予算は計上されたようです。

私もこの事業が成功するよう願う一人として、嬉しく思っております。

どうぞ、久留米市がバイオ産業において世界へ発信するクラスターになりますように!!  

Posted by こあら at 23:59Comments(0)仕事

2009年12月22日

カッコいい写真家体験!

みなさん、「ちくご子どもキャンパス」って、ご存じですか?

福岡県と筑後地域の16市町村で作る「筑後田園都市推進評議会」が主催している
小学生(4年~6年)を対象にした、体験学習プログラムです。

今年度は、そのプログラムの1つである「カッコいい写真家体験!ちくごの子どもディレクター」
お手伝いさせていただいています。(事務局:TERAS 講師:ビュー・フォト代表、大崎利三郎氏)

”子キャン”唯一の長期プログラムで、11月14(土)~H22年1月30日(土)までの、6回シリーズ。
これまでに、大崎先生によるレクチャーや、実習、筑後川周辺での撮影会など、4回を終えました。
































この活動の様子は、スタッフでブログに綴っていますので、ぜひぜひご覧くださいicon65

また、12月19日(土)の活動の模様が、21日、くーみんテレビで放映されましたicon13
http://www.kumin.ne.jp/kumin/kuminInfo/wm01/2009/20091221.html
icon7321日分をクリックicon100 開始後、4分あたりから約3分間ですicon134

子ども達は回を重ねるごとに、撮影の腕をメキメキと上げ、
豊かな感性と柔軟な発想で、大人では思いつかないような写真をたくさん撮っています。

11月14日(土)の第1回に初めて顔を合わせた子ども達は、少しずつ友情をはぐくみ、
“子キャン”の日を楽しみにしているようですicon102

そして、この体験学習の成果は、写真展でお披露目されますicon97
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      ちくごの子どもディレクター写真展 
------------------------------------------------------------------------------------

         日 時:平成22年1月23日(土)~1月29日(金)
             23日12:00~ オープニングセレモニー開催icon120
        場 所:久留米岩田屋 本館10階

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただいま、写真展に向けて、準備中ですicon14

たくさん撮った写真の中から、どれを写真展に出すか、選ばなくては~icon103
たくさんの方に来ていただけるよう、チラシを配って、広報も頑張らなくっちゃicon21

子ども達は、撮影だけでなく、いろんなことを体験していきます。

みなさん、カッコいい写真家達を、どうぞ応援してくださいねicon59  


Posted by こあら at 11:56Comments(2)仕事

2009年11月16日

娘との共演

今年は、小郡市民文化祭のカゲナレを担当させていただきました。



文化祭には、毎年、娘がエアロダンスで出演するので、
これまでは、楽屋から娘を送り出し、
客席で写真やビデオ撮影をしたりしていましたが・・・



今年は、舞台のソデのアナウンス席から娘を見送ることに。

リハーサルや当日の準備等は、
全てお友達のお母さんにお願いしました。

先日、講演会で伺った林田スマさん(フリーアナウンサー&大野城まどかぴあ男女平等推進センター所長)のお話が、今も心に残っています。

「子どもは、母親が自分自身のステージを探し、一生懸命頑張っている姿を見て、安心するのです。
 そして、その無言のメッセージから、何かを学び取るのです。」


今、私も娘も、少しずつ違うステージを持ち始めているのでしょう・・・

舞台の下手(しもて)から、カーテン越しに娘が踊る姿を見ていた私。

自分の出番が終わり、舞台の上手(かみて)から、アナウンス席の私を見ていた娘。

写真もビデオも撮れなかったけれど、脳裏に焼きついたシーンがいくつもあった文化祭でした。

  
タグ :司会


Posted by こあら at 19:15Comments(9)仕事

2009年09月13日

モンスターエンジンさんが身近に!

「神様コント」や「鉄工所ラップ」のネタでおなじみの、
お笑い芸人『モンスターエンジン』さん。

そのモンスターエンジンの西森さんが、
このたび「真(ま)昆布大使」に就任なさいましたicon97

「昆布大使」とは、日本昆布協会の「こんぶネット」に所属する、いわば“昆布PR隊”なのですが、
先日の毎日放送のラジオ番組がきっかけとなって・・・

え〜、コトの成り行きは、こちらでicon74
http://www.herstory.co.jp/style/tsubuyaki/2009/08/006742.html

実は、私は「こんぶネット」のメールマガジン、
『こんぶdeおいしい暮らし』のライティングを担当しており、
今回のことで、モンスターエンジンさんが、とっても身近な存在になりましたicon65
(もちろん、私の中で!ですがicon10

『こんぶdeおいしい暮らし』は、2008年のまぐまぐの優良メルマガとして表彰され、
昨年末はスタッフ一同、大喜びface02
今回、毎日放送で昆布大使がクローズアップされたことも、思わぬ朗報でした。

9月10日の『吉本オンライン大阪』の放送では、真昆布大使の西森さんが、
リスナーから投稿された昆布料理のおススメレシピや「昆布ダジャレ」などを紹介。

私も、ネット配信で見ましたが、西森さん、しっかり「真昆布大使」のタスキをかけていらっしゃいましたicon100

もしかしたら、モンスターエンジンさん、
「鉄工所ラップ」に続く、「昆布ラップ」のネタを生みだしたりして〜(笑)icon16

***********************************************************

<追記です♪>

西森さんから「こんぶろぐ」に、投稿がありました。
http://kombu-net.jugem.jp/?day=20090915

西森さん、“昆布にうもれる夢”を見たなんて~ クックック~(笑)  

Posted by こあら at 15:40Comments(2)仕事