2007年12月27日

◆歴史に触れる・・・

ここは小郡市の松崎にある「鶴小屋」

小郡市松崎地区はかつての宿場町で、旅籠や煮売家、御茶屋などでにぎわい、松崎宿には、西郷隆盛や伊能忠敬らも宿泊したのだそうです。

「鶴小屋」は当時の旅籠で、飛来してきた鶴をご馳走として宿泊客にふるまっていたことから、その名前が付いたとか。

この日は「鶴小屋」で「松崎百年ばなし」という語り聞かせの会があり、チビ太とチビ子を連れて出かけました。

 チビ子「お母さーん、旅籠(はたご)ってなあに?」
  私  「今でいうと旅館だよ」 
 チビ太「リョカンってなあに?」
  私  「えっと、ホテルかな~」
幼稚園児を納得させるのも、ひと苦労icon10

小郡市在住の童話作家、田熊正子さんによる創作童話「鶴が来た村」に、同じく小郡市在住のイラストレーター倉吉明美さんがイラストを描き、地元で長年、語り聞かせをして来られた福永厚子さんが語る・・・

聞きに来られていた50名ほどの皆さんも、地元の歴史に思いを馳せるように、語りに耳を傾けていらっしゃいました。

現在、私は小郡市民なのですが、土地の歴史をほとんど知らず、
「何もない」と思っていた土地に、こんな価値のある財産が残されていたとは・・・

チビ太とチビ子には、まだわからなかっただろうなぁ。。。

あの土の匂いが、古い歴史の香りだなんて。


同じカテゴリー(レジャー)の記事画像
多久聖廟にて(2)
多久聖廟にて(1)
小雨の中の西郷さん
噴火してました。
黒田節を舞うロボット
ロボスクエアにて
同じカテゴリー(レジャー)の記事
 多久聖廟にて(2) (2011-08-07 14:41)
 多久聖廟にて(1) (2011-08-07 14:36)
 小雨の中の西郷さん (2011-05-05 09:18)
 噴火してました。 (2011-05-04 13:17)
 黒田節を舞うロボット (2011-01-07 15:24)
 ロボスクエアにて (2011-01-07 14:20)

この記事へのコメント
旅籠「昔の人が旅に出た時と泊まった旅館」
旅館「お母さんが家の事をしない為イライラしなくて済む泊まれる所」
ホテル「畳の無い旅館」てか(^-^)
Posted by うさばば at 2007年12月28日 06:55
★おばば~
さすが、おばば。
言い得て妙!だね(^.^)
Posted by こあら at 2007年12月28日 09:57
おひさしぶりでっす!
今日はパソコンちゃんの機嫌が良いので(^-^)
おこちゃまも冬休みで、ワクワクしてるのでしょうね~。
「こどもべやはここです」 を見て、ほろっときちゃう私は変ですかね~。
無邪気で無垢で、こどもって最高だな~。

そして、小郡にこんなシブイ建物があるんですね~。
Posted by mother's コガノリ at 2007年12月28日 13:13
でーもさ、けっこう覚えてるよね。
色とか、匂いとか手触りとかさっ!!!(>▽<)b
Posted by ぐりぐり at 2007年12月29日 10:50
★mother’sコガノリさん
パソコン、やっぱり調子悪いんですねー(T_T)
コガノリさんの息子さんは、サンタさんに何をプレゼントしてもらったのかなぁ?
私ももう一度、子供に戻りたいよぉ(;O;)

★ぐりぐり~
言われてみれば、そうかも・・・
なんか「鶴小屋」懐かしい匂いがしたもん。
昔のおばあちゃんチのような。
Posted by こあら at 2007年12月29日 14:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。