2010年12月06日

1枚の写真から

今年度もスタッフとしてお手伝いさせていただきました
「ちくご子どもキャンパス」(主催:筑後田園都市推進評議会)の
長期プログラム【カッコいい写真家体験】が、無事終了しました。

活動は、8月21日から12月4日までの、3ヶ月半。
なかでも、1週間に渡って開催された「ちくご子どもディレクター写真展」では
印象的な出来事がたくさんありました。

その中のエピソードを、ひとつご紹介します。


新聞記事を見て、大牟田市からお越しくださった年配の男性の話です。

その方は、ずいぶん長い時間、観覧された後、受付にいた私に、
「どうもありがとうございました」と、深々と頭を下げられました。

「いかがでしたか?」と、尋ねたところ、

「目が覚めました」と、ひと言。

もう少し、詳しく話を伺おうと、お顔をのぞきこんだところ、
その方は、涙ぐんでおられるようでした。

そして、ポツリポツリと話を始められたのです。

「あの写真に映っている橋は、私が生まれた昭和11年に出来たものだと思います。
 亡くなった母がよく私に話していたんです。

 『夜になると、橋を渡る電車の窓灯りが、矢部川に映ってとてもきれいだった。
  夜、赤ん坊のあんたがむずがると、よく、おぶって川べりを散歩していたんだよ。
  そうすると、あんたは、いつも泣きやんでね』
 って」

その男性は、75年ほど前のことを、
1枚の写真から思い起こしていらっしゃったのです。


そして、こうもおっしゃいました。

「この歳になって、あらためて郷土の美しさに気づかされました」と。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【カッコいい写真家体験】の講師である、カメラマン大崎利三郎さんは、

「子ども達は、シャッターを押す瞬間は、おそらくあれこれ深く考えてはいない。
 ただ、直感的に『いい!』と思ったものを撮っているだけかもしれない。

 でも、その写真が多くの人の目に触れて、いろんな感想や感動をもたらす…
 それを実感することが、子ども達の自信になり、成長へとつながる」


そう確信していらっしゃるそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

子ども達が撮った写真、私は何度見ても、飽きませんでした。

子ども達、「カッコいい写真家体験」で、「成長」したなぁと思ったり、
これから広がる「可能性」を感じたり・・・

もしかしたら、子ども達の写真の中に、
私自身が忘れていたものを探そうとしていたのかもしれません。

今年も、子ども達の写真から、たくさんの感動をもらいました。


最後に、このプログラムでお世話になったTERAS様ビュー・フォトの大崎利三郎先生
福岡県の事務局の皆様、岩田屋久留米店様、metoch様、ほか多くの皆様に
心からお礼を申し上げます。



同じカテゴリー(仕事)の記事画像
本日「ちえぞう」よりUst配信します♪
「ライターになろう」の資料完成!
勉強会「ビジネスメールのルールとマナー」終了
絶品!柿ジュース
KURUME &ROSE ファッションショー
HP育ててます♪
同じカテゴリー(仕事)の記事
 本日「ちえぞう」よりUst配信します♪ (2011-09-28 09:49)
 「ライターになろう」の資料完成! (2011-09-25 16:44)
 勉強会「ビジネスメールのルールとマナー」終了 (2011-09-04 01:26)
 絶品!柿ジュース (2011-08-11 00:08)
 KURUME &ROSE ファッションショー (2011-05-03 16:04)
 HP育ててます♪ (2011-04-19 10:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。